作成者別アーカイブ: 松嶋 卯月

陸前高田 食と農の森 設立おめでとうございます!

2019年1月25日

1月16日,陸前高田 食と農の森 の設立総会と設立記念講演会・ワークショップが開催されました.松田俊一会長をはじめ,会員の皆さん,ご設立おめでとうございます.

設立記念講演会の前に自己紹介する会員の皆さん.

園芸振興班では,陸前高田グローバルキャンパス利用補助のプロジェクトとして,若手農家による営農研究グループ形成支援を行ってきました. 去年の6月より,陸前高田市の若手農家の皆さんが農作業の忙しい合間に月1度のペースで会の設立のために,議論を重ね,先進地を訪ね,規約等を準備し,と活動を続けられた結果が実りました.設立記念講演会では,講師として東京農業大学名誉教授の門間敏幸博士が,「 三陸型園芸産地をどう創るか ~知恵と行動戦略を皆で考えよう~」と題して講演され,50名近くの聴衆を集めました.

門間敏幸博士による設立記念講演会

講演会の後には,門間博士によるワークショップが開催され,出席した皆さんからの”陸前高田農業の活性化アイディア”が集められ,大いに議論が盛り上がりました.

門間博士によるワークショップ
ワークショップでアイディアを述べる会員の杉山さん

休憩時間には,会員の皆さんがご自慢の農産物の展示・試食を行い,栽培方法や入手先,美味しい食べ方などが話題となっていました.

生産している農産加工品について説明をする会員の菊地さん

陸前高田 食と農の森の設立準備に当たっては,園芸振興班と同じ三陸復興部門の地域コミュニティ再建支援班の船戸義和特任助教にファシリテーター役をして頂きました.細やかな配慮と的確な進行で,会の設立準備がスムーズに進みました.お忙しいところ大変ありがとうございました.

三陸の園芸振興と小口物流に関する研究会を開催します

2019年1月24日

下記の要領で開催しますので,ふるってご参加ください.

要領

 東日本大震災で甚大な被害を受けた三陸地域は、気候を活かした園芸振興による農業復興が期待されている。しかし、個々の農家の生産規模が極めて小さいため出荷ロットがまとまらず、かつ交通条件が悪いことが販売を困難にしている。そこで、近年注目されている小口物流の利用について、その特徴と可能性について検討し、今後の研究課題の摘出と現場での応用に資する。

1.日時

平成31年2 月27 日(水)14 時~17 時30分

2.主催:岩手大学三陸復興・地域創生推進機構 園芸振興班・農林畜産業復興総合計画班

  後援:岩手なつあかり研究会

3.会場

   岩手大学農学部1号館2階1号会議室

     岩手県盛岡市上田三丁目18-8

4.研究会日程

   開会の挨拶

 1)基調報告   14:05~14:45

  「農山村振興と交通・物流・交流 -ラストマイルはファーストマイル-」

       近畿大学経営学部  髙橋愛典

 2)事例報告   14:45~15:45

「岩手県北バスにおける貨客混載の取り組み」

       岩手県北自動車(株)  荒屋敷正剛

  「食材流通事業者における小口物流の利用と課題」

       (有)秀吉       渡邉里沙

3)総合討論   15:55~17:25

   閉会の挨拶

5.対象

  農家・農業関係者、食品流通・物流関係者

 農林水産行政関係者

大学・試験研究機関関係者

6.参加費 無料

7.参加申込

  平成31年2月20日(水)までに、本ホームページ,メニューの「お問い合わせhttp://iwatedai-s-hort.sakura.ne.jp/contact/」からお申し込み下さい.

陸前高田 食と農の森 設立記念講演のお知らせ

2018年12月27日

園芸振興班でグループ形成のお手伝いをしている「陸前高田 食と農の森」の設立記念講演が行われます.陸前高田で頑張っている若手農家さんたちが立ちあがります!! 皆さんお誘い合わせて是非お越し下さい.

演題
三陸型園芸産地をどう創るか-知恵と行動戦略を皆で考えよう

講師
門間敏幸 博士 東京農業大学名誉教授
専門:農業経営と地域活性化

日時
H31年1月16日(水)
14:00~17:00
設立総会 14:00
講演受付 14:30
講演 15:00
Workshop 16:00
㊟一般参加者は14:30~となります

会場
陸前高田市 総合営農指導センター 2F 研修室(米崎町字川崎238-1)

主催
陸前高田食と農の森
市内で営農する若手生産者グループ
本会の目標:食産業などとのコラボによる地域の活性化を
会員募集中‼

参加無料 事前参加申込受付中(当日参加OK) お名前 市町村名 職業(所属) 連絡先 記入のうえ申込は下記まで
受付先 FAX:0192‐47‐3289 mail:rt.syokutonounomori@gmail.com

Web東海新報さんで記事になりました!!
https://tohkaishimpo.com/2018/12/27/233511/

姫かりふⓇがテレビ岩手さんの夕方のニュースで紹介されました.

2018年12月7日

2018年12月6日,テレビ岩手さんの夕方のニュースで,なんと!姫かりふが紹介されました.収穫から調製までの様子と市場で好まれるかどうか,今後の展開などについて放送して頂きました.これから栽培面積を広げられるよう頑張ります!

姫かりふⓇ

姫かりふⓇ収穫が取材されました!

急に寒くなりましたね.霜が降りましたが,姫かりふⓇの最後の収穫をしました.

霜が降りました.寒そうなカリフラワー

収穫,調製の様子をテレビ岩手さん,河北新報さん,岩手日報さんに取材して頂きました.

取れた姫かりふⓇを調整中

今回収穫した姫かりふⓇは,シェフズウォントさんを通じて全国の飲食店に対するアンケート調査のサンプルとして使われます.飲食店でどのようにお料理に使われるのか?どんなところがお客さんに好まれるのか?等を調査し,今後の販路拡大に繋げます.

姫かりふの様子(11月21日:雪が降りました)

2018年11月21日

盛岡で雪が降り,滝沢市の寒冷フィールドサイエンス教育研究センターでも雪が積もりました.姫かりふも寒そうです.ゆっくりゆっくり大きくなっており,来週の今頃には少しずつ食べ頃のカリフラワーが収穫できそうです.

積雪があった姫かりふ畑(岩手大学寒冷フィールドサイエンス教育研究センター圃場)

姫かりふは3cm~4cmに育っています.

 

11月14日の姫かりふの様子

2018年11月14日

一週間経って岩手大学寒冷フィールドサイエンス教育研究センター(滝沢市)の姫かりふが大きくなってきました.今は2cm~3cmぐらいで,そろそろ出荷できそうです.

姫かりふ栽培の様子.良い天気が続いています.