陸前高田 食と農の森 設立おめでとうございます!

2019年1月25日

1月16日,陸前高田 食と農の森 の設立総会と設立記念講演会・ワークショップが開催されました.松田俊一会長をはじめ,会員の皆さん,ご設立おめでとうございます.

設立記念講演会の前に自己紹介する会員の皆さん.

園芸振興班では,陸前高田グローバルキャンパス利用補助のプロジェクトとして,若手農家による営農研究グループ形成支援を行ってきました. 去年の6月より,陸前高田市の若手農家の皆さんが農作業の忙しい合間に月1度のペースで会の設立のために,議論を重ね,先進地を訪ね,規約等を準備し,と活動を続けられた結果が実りました.設立記念講演会では,講師として東京農業大学名誉教授の門間敏幸博士が,「 三陸型園芸産地をどう創るか ~知恵と行動戦略を皆で考えよう~」と題して講演され,50名近くの聴衆を集めました.

門間敏幸博士による設立記念講演会

講演会の後には,門間博士によるワークショップが開催され,出席した皆さんからの”陸前高田農業の活性化アイディア”が集められ,大いに議論が盛り上がりました.

門間博士によるワークショップ
ワークショップでアイディアを述べる会員の杉山さん

休憩時間には,会員の皆さんがご自慢の農産物の展示・試食を行い,栽培方法や入手先,美味しい食べ方などが話題となっていました.

生産している農産加工品について説明をする会員の菊地さん

陸前高田 食と農の森の設立準備に当たっては,園芸振興班と同じ三陸復興部門の地域コミュニティ再建支援班の船戸義和特任助教にファシリテーター役をして頂きました.細やかな配慮と的確な進行で,会の設立準備がスムーズに進みました.お忙しいところ大変ありがとうございました.

陸前高田 食と農の森 設立記念講演のお知らせ

2018年12月27日

園芸振興班でグループ形成のお手伝いをしている「陸前高田 食と農の森」の設立記念講演が行われます.陸前高田で頑張っている若手農家さんたちが立ちあがります!! 皆さんお誘い合わせて是非お越し下さい.

演題
三陸型園芸産地をどう創るか-知恵と行動戦略を皆で考えよう

講師
門間敏幸 博士 東京農業大学名誉教授
専門:農業経営と地域活性化

日時
H31年1月16日(水)
14:00~17:00
設立総会 14:00
講演受付 14:30
講演 15:00
Workshop 16:00
㊟一般参加者は14:30~となります

会場
陸前高田市 総合営農指導センター 2F 研修室(米崎町字川崎238-1)

主催
陸前高田食と農の森
市内で営農する若手生産者グループ
本会の目標:食産業などとのコラボによる地域の活性化を
会員募集中‼

参加無料 事前参加申込受付中(当日参加OK) お名前 市町村名 職業(所属) 連絡先 記入のうえ申込は下記まで
受付先 FAX:0192‐47‐3289 mail:rt.syokutonounomori@gmail.com

Web東海新報さんで記事になりました!!
https://tohkaishimpo.com/2018/12/27/233511/

姫かりふⓇ収穫が取材されました!

2018年12月7日

急に寒くなりましたね.霜が降りましたが,姫かりふⓇの最後の収穫をしました.

霜が降りました.寒そうなカリフラワー

収穫,調製の様子をテレビ岩手さん,河北新報さん,岩手日報さんに取材して頂きました.

取れた姫かりふⓇを調整中

今回収穫した姫かりふⓇは,シェフズウォントさんを通じて全国の飲食店に対するアンケート調査のサンプルとして使われます.飲食店でどのようにお料理に使われるのか?どんなところがお客さんに好まれるのか?等を調査し,今後の販路拡大に繋げます.

姫かりふの様子(11月21日:雪が降りました)

2018年11月21日

盛岡で雪が降り,滝沢市の寒冷フィールドサイエンス教育研究センターでも雪が積もりました.姫かりふも寒そうです.ゆっくりゆっくり大きくなっており,来週の今頃には少しずつ食べ頃のカリフラワーが収穫できそうです.

積雪があった姫かりふ畑(岩手大学寒冷フィールドサイエンス教育研究センター圃場)

姫かりふは3cm~4cmに育っています.

 

11月14日の姫かりふの様子

2018年11月14日

一週間経って岩手大学寒冷フィールドサイエンス教育研究センター(滝沢市)の姫かりふが大きくなってきました.今は2cm~3cmぐらいで,そろそろ出荷できそうです.

姫かりふ栽培の様子.良い天気が続いています.

イチゴバス輸送の取材を受けました

2018年7月18日

イチゴのバス輸送について,岡田さんがタルトタタンさんで取材を受けました.岩手日報と河北新報に記事が載るよていです.イチゴケーキは限定販売なのですが,取材を受けている間にも召し上がっていらっしゃる方がおられたので,感想を聞いてみたところ,とても美味しい!とのことでした.皆さんも是非!

取材を受けている岡田さん

イチゴの積み卸しの写真を撮る記者さんたち

ケーキを持った店員さんの写真を撮ってくれました.

106 急行バス(宮古→盛岡)で夏イチゴの輸送が始まる

2018年7月7日

7月6日、宮古市で生産したイチゴを盛岡市の洋菓子店に、岩手県北バスの106急行で運ぶ試みが始まりました。

夏に涼しい三陸沿岸は夏イチゴをはじめ、高品質の野菜栽培に適していますが、内陸の都市部へのの輸送が課題です。県内産のイチゴを使いたいという盛岡の洋菓子店タルトタタンに、沿岸の夏イチゴ生産者を紹介したものの、宅配が値上がりしたために、速く安く運ぶ手段に頭を痛めていました。宮古と盛岡間の路線バスに混載できないかと、岩手県北バスに打診したところ快諾を得ました。生産者が宮古営業所に保冷バッグに入れたイチゴを持ち込み、洋菓子店は店舗近くの停留所で受け取ります。保冷バッグと空箱は帰りの便で生産者に戻ります。7月16日から週3日の定期輸送を始め、収穫が終わる10月頃まで続けます。これまで夏は販売していなかったイチゴのショートケーキが店頭に並びます。

相対の取引だから生産者と実需者の双方に価格的なメリットがあるだけでなく、実需者のニーズに合わせて生産者が計画的な栽培をできること、一般市場経由に比べて鮮度の高い果実を入手できること、梱包材を節約できることなど、お互いに多くのメリットがあります。

こうした輸送手段を他の品目や他の地域間でも利用できれば、個性的な少量品目の販路が広がると期待されます。

試験輸送の第1便が到着

バス停で受け取って工場に運ぶ

真っ赤なイチゴが直送

夏季限定プレミアムショートケーキ

パネルディスカッション「三陸の園芸振興に向けて」が開催されました.

2018年3月5日

陸前高田グローバルキャンパス・シンポジウム2018が3月3日,3月4日に開催されました.

その,RTGC大学シンポジウムの一環として,パネルディスカッション「三陸の園芸振興に向けて」が開催されました.

モデレータの岡田さんとパネルストの皆さん

三陸復興支援に携わってきた岩手大学と明治大学の教員や生産者がパネラーとなり,三陸の園芸振興に必要な技術,人材確保と教育,販路と物流の課題について議論しました.会場の参加者を含めて,活発な意見が交換されました.今後の活動に繋げていきたいと思います.

パネルディスカッション参加者の皆さんです.

夏イチゴ「2017年の作柄」検討会を開催しました.

2018年1月18日

今回は生産者や研究者,総勢23名が集まって,2017年夏の天候不順によるイチゴ生産量の減収の原因を検討しました.

作柄検討会の様子.活発な討議がなされました.

その結果,減収に最も大きな影響を及ぼしたのが8月の日照不足であること,また日照不足の影響を受けやすい品種があることなどが明らかになってきました.